院長の日記(佐々木整体治療院http://members.jcom.home.ne.jp/seitai21/

ブログやるならJUGEM
<< 赤ちゃんから成長期の治療のお勧め | main | 血圧をさげるツボ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
眠れなかったり、朝起きられない症状対策
まず、睡眠目覚めるという体の仕組みは、自律神経支配だとされています。
自律神経とは人間が名ずけた言葉ですが、交感神経副交感神経の2つに区分されています。
交感神経が優勢に働くと目覚めて。
副交感神経が優勢になると、眠くなります。
もう少し簡単に眠りに関して、交感神経=太陽
副交感神経=月、と思っていいのではないでしょうか。
目覚めを良くしたい方は朝日が顔に当たるところでお休みになると、目覚めがよろしいようですよ!
治療関係で申しますと、かかとの真ん中にお灸をすると、自律神経が安定し、眠りやすくなり、目覚めやすくなります。
その他アキレス腱にキネシオテープを貼ると自律神経が安定します。
本格的な治療となると「整神術」と言う自律神経調整法で全身を調整して行き、その後お灸とキネシオテープを貼ります。
http://members.jcom.home.ne.jp/seitai21/

 
| 整体師S | - | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:20 | - | - | pookmark |









http://seitai21.jugem.jp/trackback/55
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE