院長の日記(佐々木整体治療院http://members.jcom.home.ne.jp/seitai21/

ブログやるならJUGEM
<< 玄米ジュース | main | 月刊「秘伝」に肥田式が載りました。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
私の師匠「宮本紘吉」
H.21.11.13(金)くもり
今日は私の師匠「宮本紘吉(コウキチ)先生」について書いてみたいと思います。
昭和21年生まれで、北海道出身です。
わたしより11歳年上で生きていらっしゃれば63歳です。
平成3年4月6日(土)に44歳でお亡くなりになりました。
くも膜下出血でした。
治療家として、天才的な方で、日本中のあらゆる治療法をマスターした方です。
「延命学」、「整神術」等の伝承者で自らも、「新正体法」という、自分で自分の体の歪みを取り去る体操法を編み出し、300人以上のインストラクターを生み出した先生です。
30才代で著書を2冊書き、亡くなるまでに弟子を8人以上育てました。
八光流柔術の師範、柔道3段、合気道2段、空手2段と言うような方でした。
人柄はとても真面目な部分と茶目っ気があり、また大人数で「わいわいがやがや」が好きな先生でした。天才なのでやはりチョット変わったところもありましたけれど。
一時期、一辺に11種類の習い事をしたことがあるそうです。
中医学、合気道、空手、英語会話、中国語等々です。
野球は大の読売ジャイアンツファンで、今から約20年前、近鉄を破って優勝した時は、宮本整復療院で祝賀会&ビールかけをしました。
とてもせっかちな方で、熱いラーメンを「あつい!あつい!」と言いながらものすごい勢いで食べたり、生ビールなど、ウェートレスが「ごゆっくりどうぞ」と振り返るやいなや「もういっぱい」とジョッキを差し出した程のものです。
苦手なものは、高い所と爬虫類のへび、ある日の事、その患者さんはねこが嫌い、そこで先生は何をしたかと言うと、昔、にゃんこの手みたいな猫の手のおもちゃがありまして、それをわざわざベットの横まではって行って「にゃ〜」と言いながらそのにゃんこの手をねこの嫌いな患者さんの顔の所に下から「にょき!」とだしたりするのです。患者さんは「ぎゃ〜」と言って驚きます。
しばらくして、ある日の事、猫嫌いの患者さんが「これ先生にどうぞ!」と言って綺麗に包装された壷のようなものを私の渡したので、「先生!これいただきました」と先生に渡し、先生はそれを持って隣の部屋へ行ったと思いきや、「ぎゃ〜」と今度は先生の悲鳴が聞こえました。
なんとその中身は、焼酎づけの「マムシ」だったのです。
その患者さんは二度と現れませんでした。
また、ある日、何とかへびを克服したいと、どこかの、へびが何種類もいる様な爬虫類館みたいな所へ行き一日中へびをみていたら気持ちが悪くなって、倒れる寸前だったと言う話もあります。
色々なものに興味を持った先生で、患者さんでいろいろな方がみえるのですが、その中に短歌の先生がいまして、先生がなくなった後、私が引き継いで治療させていただいていたのですが、その方の話では初めの治療の時に短歌について先生が聞いたかと思うと、次回の治療の時には、自分で短歌を作り、「どうですか?」と批評を聞いたのだそうです。
とまあこのような先生でした。
この先生に私は相当な影響を受けているようです。

| 整体師S | - | 17:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:14 | - | - | pookmark |









http://seitai21.jugem.jp/trackback/32
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE